思考スケッチ1

ごった煮メモ

ブログのネタを考えようとしていたが、考えれば考える程書く気がなくなっていく。テーマがあると書けなくなるのかも。そこで、テーマを絞らない記事があってもいいのでは?と考え、こんなまとまりもない思考の断片的なものを書く。

少しづつ

最近はアナログノート + バレットジャーナルでタスク管理を行っている。悪くないが、完璧ではない。時々、うまく行かないこともある。そんなときは、なぜうまく行かないのか考える。原因がすぐ分かれば良いが、そんな簡単な問題ではない。そこで、「原因はこれかもしれない」と仮定してみる。そして、それを少し違うものに変えてみる。変えすぎると明日の自分が急激な変化に対応できなくなるから、少しだけ変える。明日、この少しの変化により何かが起こるかもしれない。良い方向へ行くかもしれないし、悪化するかもしれない。何も変わらないかも。こんなことを毎日続けて少しづつ改良する。完璧なんてものは無理だけど。

ばらんす

プログラムを作るとき、ソースを書き始める前にどのようなコードを書くか頭の中でシミュレーションするようにしている。予め全体像の把握をするということに近いのかも。以前は書きながらやっていたが、どうも効率がよくない気がした。視野が狭すぎたのかもしれない。視野をずっと広げっぱなしなのも良くない気がする。瞬時に視野を切り替える能力が必要なのかも。

昨日の自分のメモ

昨日の夜考えていたことが、今日になるとまったく納得できないものだった。昨日の自分と今日の自分は別人だ。だからこそ、思いついたことは記録しておく。過去のメモを読むことで、他者の考えに触れることができる。

Last Updated: 2019-5-25 20:41:50